ホーローシンク編

ホーローとは鋳物琺瑯(いものほうろう)、又の名を鋳鉄(ちゅうてつ)琺瑯と鉄板エナメル琺瑯に大別出来ます
表面の質感は違いますが、一般的にはなかなか区別がつきません
叩いてみたり、触ってみたりするとすぐに判断出来ます
良くあるご質問で「ホーローって欠けやすいのでは・・」と聞かれます
もちろんホーローはガラス質の塗料(エナメル)が欠けやすいです
それは鉄板でも鋳鉄でも大差ありません
しかし、ベースが厚ければ衝撃は吸収されますので多少は鉄板の方が不利かもしれません
ホーローシンクをお使いの際は必ずマット、ネット等の保護をしてもらう事をお薦め致します

当店で扱っておりますシンクについてそれぞれの利点、難点を画像と共にご説明致します
 




 
鋼板エナメル琺瑯

該当商品:アメリカンスタンダードホーロー7143、7144

ガラス質の塗料を鉄板に焼き付けたものです
通常厚みは2mm弱程度です
叩くと高い音がします
表面は凸凹がなくつるっとしています

利点:安価、軽い(シングルシンクで10kg弱)、運送が楽、施工しやすい
難点:欠けやすい、安っぽい

==アメリキャスト琺瑯== 下の画像

該当商品:アメリカンスタンダードアメリキャスト7193、7196

アメリカンスタンダード独自の製法で従来の鋳鉄成形を樹脂に変えて、その後ガラス質の塗料を鉄板に焼き付けたアメリキャストという商標で琺瑯を作りました
樹脂厚は部位により7〜20mmはありますので衝撃による吸収も良好です
表面は凸凹がなくつるっとしています
鉄板エナメル琺瑯の軽さと鋳物琺瑯の頑丈さを再現しました
叩くと鈍い音がします

利点:軽い(シングルシンクで20kg程)、運送が楽、施工しやすい、頑丈
難点:鋳物と比べるとどうしても安っぽい




 


 
鋳鉄(鋳物)琺瑯>

該当商品:オリジナル鋳鉄ホーローAM001〜4
     コーラー鋳鉄ホーロー全商品

自然な凸凹感が鋳物らしい何ともおおらかな暖かい感じの表面感です
厚み10〜16mmの鋳物成形後、ガラス質の塗料を鉄板に焼き付けます
叩くと低い共鳴音がします
鉄のかたまりですので触ると冷たいです
重たい物を落しても、へこむと言う事がまずありません

利点:高級感、頑丈
難点:重い(シングルシンクで50kg程)、運搬が大変、施工しにくい(天板やシンクキャビネットを頑丈に作る必要があります)

ページトップへ