日々のあれこれ・・
 
 
 
番号 : 6古いモノ熱
 
  書き込みをした方 : 西崎 日付 : 2017.12.06  
 
 
 


若い時からアンティークが大好きでした。
アンティークというとヨーロッパのアールデコアイテムを一番に想像されるかもしれませんが、私はヨーロッパ系にはあまり興味がなく、アメリカの元気で愛らしいアイテムがお気に入りです。(和も好き)
ヨーロッパ系で良いのは腕時計です。アンティークの手巻きか自動巻しか持っていません。
最近は従姉妹の影響で、困った事に古いモノ熱が上がってきました。
『古いモノ熱仲間』が、今はアンティークの価値が下がっている時期だと言っていました。
10年とかのサイクルで価値が変わるそうです。
昔のモノは素材、技術の面で今のモノより数段品質が良いです。
弊社のポリシーは『愛着』です。
愛着のあるモノを永く、大事に使いたい、いつもそう思っています。
(写真はアメリカ製の電気時計1965年?、ミラー1940年?ケヤキの鏡台のミラー部分1,000円→600円にしてもらった、200円で買った1930年?カレンダーを額縁に入れました こんな事ばかりして楽しんでます)
 
 
番号 : 5ネットショップを見たんですが・・
 
  書き込みをした方 : 西崎 日付 : 2017.08.10  
 
 
 


最近、新規のお客様からの電話問い合わせの際に『ネットショップを見たんですが』と言われます。
4月のHPリニューアルまでは『ホームページ見たんですが』でした。
ショックです。
たまたま、田舎で商売をしていて、お客様が都会の方中心なのでネットで売るしかないだけです。『ネットショップ』を運営しているという概念は全くないのです。
人間が古い私は、ネットショップ=無店舗販売=在庫を持たない=何を聞いても即答出来ない=価格が安いだけ、という時代が20年前にあったからです。
若いスタッフに聞くと古い私の感覚とは少しズレはあったものの、電話で対応してもらおうとか電話がかかってくるとは思わないそうです。
ネットショップで何を買うかによりますが、弊社で販売している商品は組合せがあり、とてもややこしいので、お客様が不要な物を買われたり、又は注文内容に疑問がある場合は、躊躇なく電話をします。お客様の不利益は弊社の不利益です。
でも時々、余計な御世話の場合もあります。
取引のある工務店様の中には『アーミックうざい』と思っておられる方もいるかと思います。ネットショップなのに、これからも電話をします。ウザがらないで下さい(笑)
 
 
番号 : 4部品保有年数からの100均
 
  書き込みをした方 : 西崎 日付 : 2017.07.21  
 
 
 


先日、スタッフのお家の8年使った洗濯機が壊れました 
日本は部品保有年数は10年と昔聞いた覚えがあったので、スタッフが部品交換で直らないものかとメーカーに聞くと、今は廃盤になってから7年しか部品は保有しないらしい
要は7年越えると部品が必要な修理は出来ない事になります 短かすぎません?
欧米の水回り業界は30年と聞きます 先日も30年前のKOHLER水栓の部品交換があり、そして現在も現行品です そんな商品日本にあるのでしょうか?
欧米ではD.I.Y.が基本で、モノを大事にする文化がこんな所に表れます
日本もエコ、ECOと言っている割にはどうして使い捨て文化が止まらないのでしょうか?モノの無い時代は日本人もモノを大事にしてきました
手先の器用な日本人は良いモノ作りが基本でした 何時から変わったのでしょう?
私が商売を始めて25年になりますが、この事を大きく意識したのは開業3年目頃に田舎にも『100円均一』が出来た頃です 世も末だと大げさに思いました 
そして、性善説で見る目のない私は『100円均一』なんか直ぐに潰れてしまうでしょうと思っていました と言うより、そうであってほしいと思ったものです

もの作るという事、モノを使うという事、もっと真剣に考えたいものです
ちなみにそのスタッフはMieleを検討してましたが、日立にしたそうです。。。
 
 
[1] [2]
 
名前タイトル内容   
 

ページトップへ